手足が不自由な障害者のマスターべーションの介助はどうだった?

手足が不自由な障害者の介助者

竹田さんが風俗へ行くといっても、もちろんひとりで行けるわけではない。無償で手伝ってくれる介助者が何人かいる。彼が暮らす施設の社会福祉士である佐藤英男さんはそのひとりだ。四十五歳で、人の良さそうな丸い鼻をしている。

竹田さんを外出させることは非常にリスクが大きい。しかし、佐藤さんは、「もしなにかあった場合は私の責任問題になるでしょうね。それなのになんでやるかって?楽しいんですよ。最初こわごわと自信なさそうだった障害者が、晴れ晴れしたいい顔をしてお店から出て来る。その顔を見るだけで満足なんです」となんでもないことのように話す。

マスターべーションの介助

店内までの移動の介助だけではなくて、着替えや入浴も手伝わなくてはいけない。行為の間は待合室で待ち、その後、一緖に帰る。動作のひとつひとつに相当な時間がかかるので、どうしても時間が長くて、料金も高いコースを選ばざるを得ない。佐藤さんは、手足が不自由な障害者の「手」となってマスターべーションの介助をすることもある。「おおっぴらに語られていないだけで、身障者の介助の現場では多くの人がしていることですよ。 べつに珍しいことではありません」

男性が男性のマスターべーションを手伝う。覚悟がないとできないことだと思うが、佐藤さんは「いや、なんてことはありませんよ。特別なことだと思ったことはありません」と言う。そういう自然体で気負うところがないからなのか、佐藤さんはなかなか言い出しにくい性の悩みについても多くの障害者から相談を持ちかけられている。

竹田さんはどうして風俗店へ行く決心をしたのか

竹田さんは佐藤さんに風俗店に連れて行ってもらうが、マスターベーションの介助だけはしてもらわない。なぜか。竹田さんはビデオでこんな言葉を語っていた。「介護を受けるってことは僕らにとっては最大の屈辱なんだ。我慢してるよ。生きるためにね」ところで、五十一歳までセックスの経験がなかった竹田さんは、どうして風俗店へ行く決心をしたのだろうか。「おつきあいしていたひとがなくなったから」震える指で文字をひとつひとつ押していく。「じこで」、「どれくらいおつきあいしていたんですか?」、「ジィー……ヒィ……」文字盤ではなく、全身を使って言葉を絞り出そうとする。「ジュー、ゴ……」、 「十五年ですか?」そう聞くと、竹田さんは親指と人さし指でOKマークをつくり、ニッコリ笑った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です