知的障害者の佐々木真由美さんは、セックスしたくない理由は?

キスはしたいけど、セックスはしたいと思わない

「キスはしたいけど、セックスはしたいと思いません」二十五歳の佐々木真由美さんは、食品メーカーに勤める軽度の知的障害を持った女性だ。グレーのフレームの眼鏡をかけた涼しげな目元と、小さな口元が印象的である。真由美さんには交際している恋人·今村浩司さんがいる。三十三歳の男性で、ごみの仕分けの仕事に就いている。彼も知的障害者だ。障害者のための自立支援施設に暮らしている。ファッションはいつもふたりで話しあって、コーディネートを統一している。

彼らは交際五年目だが、今まで一度もセックスは最後までしていない。浩司さんが週末に実家に帰ったときに、二階の部屋で裸になって互いの体を触りあうだけだそうだ。セックスは真由美さんが拒んでいる。真由美さんは言う。「本当は私も入れて欲しいんだけど、〝さわりっこ〞の途中でもうやめようと言います。もしも、私が入れて欲しいって言えば、彼は我慢できなくなっちゃうから。彼に触られることで先に私がイッて、それから私の手で彼がイキます」浩司さんに辛くはないのかと尋ねると、曖昧な笑顔を見せるだけだ。

真由美さんはどうしてセックスをしたくない

真由美さんはどうしてセックスをしたくないのだろうか。「子どもができたら、お母さんにも、彼の両親にも、職員さんたちにも申し訳ない。お母さんには、いつも『子どもができたらどうするの。もし子どもができたら、もうあんたなんて知らないからね』と言われています」妊娠の心配があるなら、避妊をすればいいと思うのだが、「コンドームをしていても、破けたら困るから」と真由美さんは心配なのだそうだ。

それほどまでに抵抗を見せる真由美さんだが、実は経験がないわけではない。これまでに、六人の男性と交際し、そのうちの三人とセックスをした。一方、浩司さんは経験がない。真由美さんは、セックスを拒否していることで、浩司さんが他の女性と浮気しないか心配なのだという。

妊娠の心配以外にも、抵抗を持つには何かきっかけがあった

妊娠の心配以外にも、抵抗を持つには何かきっかけがあったのだろうか。「以前、お母さんにセックスしたことを打ち明けたことがありました。隠しておくのが嫌だったから。そうしたら、ものすごく怒られました。結婚するまでしちゃいけないって。お母さんに見捨てられたら、私、生きていけないから」

真由美さんが中学生のときに父親は白血病で亡くなり、母親と妹と三人で暮らしてきた。近いうちに、ふたりは結婚したいと望んでいる。しかし、両方の家族の反対があり、とりあえず同棲することにした。ふたりはいつか子どもが欲しいと願っているが、「子どもは絶対に作っちゃだめだ」とどちらの家族からもきつく言われているそうだ。同棲をしたらセックスするのかを尋ねると、真由美さんは言い切った。「いいえ、しません。一緒に住んでも、正式に結婚するまで絶対にしません」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です