手足が不自由な障害者のマスターべーションの介助はどうだった?

手足が不自由な障害者の介助者

竹田さんが風俗へ行くといっても、もちろんひとりで行けるわけではない。無償で手伝ってくれる介助者が何人かいる。彼が暮らす施設の社会福祉士である佐藤英男さんはそのひとりだ。四十五歳で、人の良さそうな丸い鼻をしている。

竹田さんを外出させることは非常にリスクが大きい。しかし、佐藤さんは、「もしなにかあった場合は私の責任問題になるでしょうね。それなのになんでやるかって?楽しいんですよ。最初こわごわと自信なさそうだった障害者が、晴れ晴れしたいい顔をしてお店から出て来る。その顔を見るだけで満足なんです」となんでもないことのように話す。

マスターべーションの介助

店内までの移動の介助だけではなくて、着替えや入浴も手伝わなくてはいけない。行為の間は待合室で待ち、その後、一緖に帰る。動作のひとつひとつに相当な時間がかかるので、どうしても時間が長くて、料金も高いコースを選ばざるを得ない。佐藤さんは、手足が不自由な障害者の「手」となってマスターべーションの介助をすることもある。「おおっぴらに語られていないだけで、身障者の介助の現場では多くの人がしていることですよ。 べつに珍しいことではありません」

男性が男性のマスターべーションを手伝う。覚悟がないとできないことだと思うが、佐藤さんは「いや、なんてことはありませんよ。特別なことだと思ったことはありません」と言う。そういう自然体で気負うところがないからなのか、佐藤さんはなかなか言い出しにくい性の悩みについても多くの障害者から相談を持ちかけられている。

竹田さんはどうして風俗店へ行く決心をしたのか

竹田さんは佐藤さんに風俗店に連れて行ってもらうが、マスターベーションの介助だけはしてもらわない。なぜか。竹田さんはビデオでこんな言葉を語っていた。「介護を受けるってことは僕らにとっては最大の屈辱なんだ。我慢してるよ。生きるためにね」ところで、五十一歳までセックスの経験がなかった竹田さんは、どうして風俗店へ行く決心をしたのだろうか。「おつきあいしていたひとがなくなったから」震える指で文字をひとつひとつ押していく。「じこで」、「どれくらいおつきあいしていたんですか?」、「ジィー……ヒィ……」文字盤ではなく、全身を使って言葉を絞り出そうとする。「ジュー、ゴ……」、 「十五年ですか?」そう聞くと、竹田さんは親指と人さし指でOKマークをつくり、ニッコリ笑った。

障害者夫婦のセックス、また障害者夫婦の性介助はどう行われればいいのか?

障害者のセックスというタイトルのビデオ

取材をしている間、何人もの人から、「このビデオ見た?」と聞かれた。それは、「愛したい愛されたい〜障害者のセックス」というタイトルのビデオで、アメリカのニューヨーク大学医学センター·リハビリー研究所が製作したものだ。さまざまな障害を持つカップルが出てきて、性について語る。セックスのときに人工肛門をどうするか。失禁の問題はどうするか。勃起できないときはどうするのか。それだけではない。実際にそのカップルが裸になり、性行為を行っている場面も映し出されている。ぼかしも入らない。

どうしてここまであからさまにするんだろう。そう思う半面、私は胸を打たれていた。ビデオのなかの男性が語る。「ぼくは、はっきり自分の気持ちを言う。ここを触ってほしいとか」パートナーの女性も答える。「私たちはお互いにどんなことが好きで何が嫌いか、上手に知らせ合う。私たちの知らせ合うテクニックは健常者夫婦よりはるかに上手よ」

こんなふうにお互いの要望をコミュニケーションできているカップルがどれだけいるだろうか。感じているふりをしたり、一方的な快楽を押しつけたり、セックスをしたいということさえ伝えられなかったり……。

障害者カップルの性の介助

ビデオのなかで別の女性はこう語る。「私は結婚していてもマスターべーションします。ダン(彼女のパートナー)もします。いい気持ちになれるし、自分のことをより理解できるようになるから」このほかに、重度の障害を持つ夫婦の服を脱がせ、ベッドに連れて行く介助者も登場する。約二十年前のビデオだが、いまも支持されているという理由がわかる気がした。ビデオのなかで語られる、性に対する姿勢が根本的に違うのだ。彼らは性と真正面から向き合い、そのうえで積極的に楽しんでいる。いままでは、障害者がセックスの相手を見つける大変さを綴ってきた。しかし、もしかするとカップルになってからのほうが、性の問題は大きくのしかかってくるのかもしれない。

障害者カップルの性の介助はどうしているのだろうか。介助者にはなかなか言い出せない人が多いと聞く。ビジネスとして行っている例は、ないわけではない。例えば、前で紹介した都内にある出張ホストクラブ「セフィロス」では、障害者夫婦の性介助も行っている。オーナーの吉良仁志さんはこう話す。「障害を持ったご夫婦からの依頼がきっかけで、サービスを始めました。障害者割引があり、通常の半額の一時間五千円で行っています。月に二、三件の依頼があります」

ただし、介助という理由だけではなくて、三人でのセックスを楽しみたいがために、ホストを依頼してくる夫婦もいるそうだ。どこからどこまでを割引の対象にすればよいのかを、迷っているのだという。

障害者にセックスするためのお金を市役所からもらうことができる

障害者にセックスするためのお金は市役所が出す?

月に三回年三十六回、セックスするお金を市役所からもらっています。相手はSARから派遣される女性で、年齢は四十歳くらいかな。ときどき、違いを比べるために、売春婦を利用することもあります」

五十五歳のハンス·ピックさんは食べ物の話をするかのように、あっけらかんと話をし始めた。電動車いすで移動し、思うように動かない手を使い器用に紅茶を入れてくれる。私は、障害者とセックスする相手を派遣する団体であるSARの会長マーガレットさんから、 「SARを利用する障害者に対して、三十六の自治体がセックスの助成金を出している」という話を聞いていた。障害者にセックスするためのお金を市役所が助成金として出すなんて、日本では到底考えられない。

ピックさんはSARから紹介された女性との関係をずっと続けている

ピックさんは、その助成金を出している市のひとつ、オランダ南部にある古い港町、ドルドレヒト市の障害者用のアパートに住んでいて、月三回のセックス助成を受けている。五年前に、女友だちから助成金があることを聞き、利用することにした。

しかし、助成金はSARだけが対象ではないのだろうか。「売春婦も試す」とはどういうことかと尋ねると、ピックさんは「なあんだ、そんなこと」というように笑顔で答えた。「SARでも売春婦でも新聞広告で募集しても、どれでも自由です。でも、私はSARから紹介された女性との関係をずっと続けています。売春婦は時間が短くてあっさりしているが、SAR の女性は一時間半と長い時間を取ってくれるところがいい。それに、彼女とは何度も会って、一緒に紅茶を飲んでいる。私の友達みたいに思っています。まあ、だけど、どちらもそんなに大きな差はないよ」

多くの介助者はこの仕事で生計を立てている

「その女性のことを気に入っているんですか?」
いえ、SARが推薦するのは、住んでいる地域が近い人が多いんです。私が住むドルドレヒト市だと、その女性を毎回推薦されます。特に、不満がないので、彼女でいいかなあと
そして、こう続けた。
「SARもしょせん売春ですから」
「SARは否定していますよ」

私はマーガレットさんの顔を思い出していた。
だれとでもベッドに入るんだから売春だよ。少なくとも、私のところに来る女性はほかに本業も持っておらず、この仕事で生計を立てています
「自治体の助成金をもらっていることに抵抗はありませんか?」
「このことは、数人の友人しか知りません。SARの女性が服を脱がせて、また元通りに着させてくれる。彼女が帰れば、だれにもわからないでしょう。介助者は女友だちが来ていると思っているみたいですよ」

オランダのSARは日本の障害者の性の現状にどんなヒントを与えるか?

カンドロップさんが受けているセックスボランティア

「距離感が近くなりすぎて恋愛感情を持つといけないから、ふたりの女性を交互に呼んでいるんです……」話し始めて三十分が過ぎたころ、アッド·カンドロップさんがゆっくりと語った。そして、電動車いすに座ったまま、私の顔をやわらかいまなざしで見つめた。

ここはオランダの首都アムステルダムの隣のアムステルフェーン市にある障害者施設「アムステルラーデ」。生後九力月で脳性麻痺になったカンドロップさんは、幼いころから三十六歳までこの施設に住んでいたが、いったん独立して、二〇〇〇年に戻ってきた。

カンドロップさんが呼ぶふたりの女性は、セックスの相手だ。恋人ではない。ひとりでは自分の性欲を処理できない障害者に、セックスや、場合によっては添い寝などの相手を有料で派遣している団体「SAR」(選択的な人間関係財団)に所属している女性たちだ。五十代と三十代の女性を月に二回呼び、年配の女性とは、もう五年も関係を続けている。思うように体が動かせないため、女性のリードでセックスは進む。

性介助者を好きになってしまう可能性もある

「私にとってセックスは、日常の緊張をほぐす手段なのです。ふたりとの今の関係に満足しています」とカンドロップさんは言う。女性を交互に呼べば、恋愛感情は抑えられるのだろうか。どちらかひとりを好きになってしまう可能性もあるのではないだろうか。そんなことを思っていると、「それとね」と、カンドロップさんがゆっくりと、五十二歳とは思えない張りのある低い声で続けた。「彼女たちだって、そこまで頻繁に、私とセックスしたくはないでしょうから」それまで淡々と話していた表情が、心なしか翳りを帯びた。

日本では、障害者の性について

日本では、障害者の性は長い間タブー視されてきたといっていい。いや、障害者にも性欲があるというあたりまえのことさえ、一般には十分に認識されてこなかった。それが最近になって、少しずつ語られるようになってきた。しかし、これまでの「セックスボランティア」が必ずしもうまくいっているわけではない。ボランティアを行うほうも、受け手の障害者も、皆が悩みながらの試行錯誤だった。感情の処理ができなかったり、恋愛感情が芽生えて妨げになったり、周囲の理解が得られずに苦しむことも多かった。

オランダのSARは日本の障害者の性の現状にヒントを与える

第一章の竹田さんや第四章の真紀さんに性介助を行う佐藤さんや、インターネットでセックスのボランティアを募集していた葵さんからも、たびたび「オランダではセックスボランティアがあるから日本でも」と聞かされ、オランダに先進的な団体があることを知った。「SAR」といい、厳密には有料だからボランティアと言えないかもしれないが、もう二十年も活動しているという。そこには日本の障害者の性の現状を打開するヒントがあるのではないか。SARの現状を知り、サービスを受けている人の声を聞きたい。その思いは日に日に大きくなっていき、私は、 二〇〇二年の初冬、オランダへと向かった。