女性障害者である奈津子さんはどうしてホストを呼ぶことを決意した?

女性障害者である奈津子さんの「王子様」

「王子様」、つまりホストを呼んでいる女性、柏木奈津子さんもこの障害者割引を利用しているひとりである

彼女は二十六歳で、先天性の股関節脱臼という障害を持っている。子どものころから両足の長さが違った。骨を削る手術などによって、歩くことがてきるようになる人もいるそうだが、彼女は生まれつき白血球が少なく、そういった手術も難しい状態なのだという

入退院を繰り返していたため、高校の出席日数は足りなかったが、それでもなんとか卒業はできた。その後は、体調が悪いので仕事にも就けなかった。実家で両親と一緒に暮らし、一日中家にいる。

父親は不動産賃貸業を営み、家には運転手もいるという経済的には恵まれた家庭だ。運転手に連れて行ってもらって、時々外に出ることもあるが、足の痛みが強いときには難しい。また、雨の日など天候が悪いと体調を崩して、寝たきりになる。週二、三回、病院へ痛み止めの注射を打ちに行くのが外出らしい外出だ。

さらに、体力的なことだけではなくて、精神的にもあまり外出は好きではない。外に出ると、 思わず目をつぶりたくなる光景に出くわすからだ。

「諦めないといけないことが多いのが障害者です。外に出ると悲しい。同じ年齢の女性がキレイな服を着て、歩いている。私は足が悪くて、オシャレもあまりできない。どうして自分はこんな容姿なのかと悲しくなる。食べ物でも味を一生知らなければ、その味を求めて苦しむこともない。 性のことも自分とは別の世界のことだと諦めていました

それでも、性に対する憧れはあった。やはり女性として生まれてきたからには男性と話をしてみたい、セックスしてみたいという気持ちは強くあった。

「女性であれ、障害者であれ、人間は誰でも性欲はあると思います。恥ずかしいお話ですが、私も自分で処理はしていました。だけど、やはりそれでは満たされない部分もあって。とはいえ、その性欲をどうしていいかわかりませんでした」

そして、二十五歳のときに初めてホストを呼ぶことを決意する

奈津子さんと「王子様」の出会う

学生時代から障害者ボランティアサークルに参加していた経験のある二十五歳の青年、タカハシさんは、障害者に接し慣れているせいか、奈津子さんの障害についても抵抗がないような素振りで、ひとりの普通の女性として扱ってくれた

「慣れていない人だと、車いすというだけでびっくりしちやって、『どうしてそんなふうになっちやったの』って尋ねてくるんです。私は普通の話がしたいのに、ほかの世界の人みたいになっちやう。その時点で壁が出来てしまうんです。でも、タカハシさんとは普通の話ができます。もし、変な方だったら二度目はなかったと思います。しかし、タカハシさんは女性の外見を気にされない方で、会うと心が安らぎます。セックスをしなくても、ただ会っているだけで楽しい。声を聞いただけで嬉しい。手を握ってくれるだけで幸せです。彼は信頼できるし、身近に感じられる人です」

「恋をしているんですね」と私は言う。奈津子さんは少し間を置く。

結婚しない奈津子さんの考え

「ホストを呼んでいることは父も母も知っています。この子はこんな体だから一生恋愛も結婚もできないだろう。不憫だからって話しています。やはり結婚はしないと思います。私は自分のことだけで精一杯です。例えば、好きな人のためにご飯を作ることも、洗濯することもできません。好きな人の悲しい顔を見るのが一番辛いですよね。愛している男性にずっと一生車いすを押してもらうのは忍びないんです。それに、もし子どもができてもなにもしてあげられません。親が病気になっても看病さえできない。病院へ連れて行くこともできない。私にはなにひとつできないんです」

奈津子さんは沈んだ声で、しかし、淡々と話す。私は彼女の気持ちを思うと、胸が苦しくなった。

恋愛や結婚は諦めて、彼女はホストを呼ぶという選択をした。しかし、お金で性を買うことに対してはどう思っているのか。男性よりも女性のほうが抵抗があるのではないだろうか。「やっぱり同じ人間なんです。障害のある人でも感情はある。本当はこうやって性をお金で買うことは悪いことなのかもしれない。でも、私には他に可能性がなかった。どんな方法であれ、こういう機会があったことは良かった、とこれからもずっと思えるでしよう。恋愛や性の機会がない人もいるんです。性の商品化とかなんとか、周りの人は、いけない、いけない、と言っているかもしれないけれど、少しでもその人が笑える可能性があるのなら、許されてもいいんじやないかと思います」

障害者の性に関するホームぺージを作成し、性のボランティアを募集する

葵さんと性的ボランティア小百合さんのこと

それから一年ほど経った後、ふたりは同じ部屋で会った。葵さんからはこんなメールが届いていた。「厚かましいのですが、口でしていただけないでしょうか」小百合さんは口での愛撫はできないと答えた。しかし、当日ふたりは性器の挿入を試した。葵さんからの強い希望があったからだ。性器の愛撫をしている最中に葵さんが小百合さんに挿入させてくれるよう頼んだのだ。だが、車いすの手すりが邪魔になってなかなか挿入はうまくいかない。先端だけ入った途端、葵さんは射精した。

葵さんは行為の最中に小百合さんの唇にキスをしようとした。「それはできない」と小百合さんは拒絶した。その後、ふたりは、小百合さんの主宰するパソコンのボランティア団体で会うことはあったが、性的な関係を持つことはなかった。

葵さんはその後、新しいセックスボランティアを求めている

葵さんはその後、新しいセックスボランティアを求めて、インターネットの掲示板に性のボランティアを募集する書き込みを始め、三年後にようやく章頭に書いたように池袋でOLからマスターベーションの介助を受けることができた。さらに、障害者の性に関するホームぺージを作成し、二〇〇二年からは「セクシャリティー·バリアフリー」と名づけたものにリニューアルした。掲示板では、他の障害者が性のボランティアを募集したりもできるようになっている。

インターネットでの性のボランティアの募集

「二十一歳、男性。手が上手く使えないからオナニーも出来ずに溜まってます!チンコは元気なのに発散できないのは辛いです。エッチな女性の方、寂しがり屋の方、SEXフレンドも大募集してます。持久力には自信あり(笑)!障害持ってても、遊びたいし、気持ちいいことしたいです」

「五十七歲。脊損。男子。十六歲のとき怪我をして以後車いす。障害者は恋愛ができない、してはいけないと頑固に信じていた。仕事に没頭して、自分の本心を棚上げにしてきたつけがまわってきたような、空虚感に襲われてすこしうろたえている。今心から恋愛がしたい。遅すぎるということはないでしょうか?」

だが、性のボランティアをしてほしいと希望する人も、してもいいと申し出る人も、ほとんどが男性ばかりで、あまりうまく機能しているとは言いがたかった。いずれにしても、葵さんを癒してくれる小百合さんに代わる性のボランティアは見つからなかった。