手足が不自由な障害者のマスターべーションの介助はどうだった?

手足が不自由な障害者の介助者

竹田さんが風俗へ行くといっても、もちろんひとりで行けるわけではない。無償で手伝ってくれる介助者が何人かいる。彼が暮らす施設の社会福祉士である佐藤英男さんはそのひとりだ。四十五歳で、人の良さそうな丸い鼻をしている。

竹田さんを外出させることは非常にリスクが大きい。しかし、佐藤さんは、「もしなにかあった場合は私の責任問題になるでしょうね。それなのになんでやるかって?楽しいんですよ。最初こわごわと自信なさそうだった障害者が、晴れ晴れしたいい顔をしてお店から出て来る。その顔を見るだけで満足なんです」となんでもないことのように話す。

マスターべーションの介助

店内までの移動の介助だけではなくて、着替えや入浴も手伝わなくてはいけない。行為の間は待合室で待ち、その後、一緖に帰る。動作のひとつひとつに相当な時間がかかるので、どうしても時間が長くて、料金も高いコースを選ばざるを得ない。佐藤さんは、手足が不自由な障害者の「手」となってマスターべーションの介助をすることもある。「おおっぴらに語られていないだけで、身障者の介助の現場では多くの人がしていることですよ。 べつに珍しいことではありません」

男性が男性のマスターべーションを手伝う。覚悟がないとできないことだと思うが、佐藤さんは「いや、なんてことはありませんよ。特別なことだと思ったことはありません」と言う。そういう自然体で気負うところがないからなのか、佐藤さんはなかなか言い出しにくい性の悩みについても多くの障害者から相談を持ちかけられている。

竹田さんはどうして風俗店へ行く決心をしたのか

竹田さんは佐藤さんに風俗店に連れて行ってもらうが、マスターベーションの介助だけはしてもらわない。なぜか。竹田さんはビデオでこんな言葉を語っていた。「介護を受けるってことは僕らにとっては最大の屈辱なんだ。我慢してるよ。生きるためにね」ところで、五十一歳までセックスの経験がなかった竹田さんは、どうして風俗店へ行く決心をしたのだろうか。「おつきあいしていたひとがなくなったから」震える指で文字をひとつひとつ押していく。「じこで」、「どれくらいおつきあいしていたんですか?」、「ジィー……ヒィ……」文字盤ではなく、全身を使って言葉を絞り出そうとする。「ジュー、ゴ……」、 「十五年ですか?」そう聞くと、竹田さんは親指と人さし指でOKマークをつくり、ニッコリ笑った。

障害者でも性欲がありますが、性のボランティアをやってみませんか?

障害者でも性欲があります

「障害者でも性欲があります。よかったら性のボランティアをやってみませんか」男はインターネットの掲示板に書き込みをした。何通かのメールが来たが、「障害者がセックスだなんて贅沢だ」というような誹謗中傷が大半だった。掲示板を見てメールをくれた人のうち、実際に会った女性はふたりだ。ひとりは、二十三歳のパソコン専門学校の女性で、一度会って話をしただけで、性のボランティアは断られてしまった。もうひとりは、二十二歳のOL。「当たり前のことだから私が手伝います」とメールには書いてあった。

その数日後、男性はOLと会い、そのままふたりは池袋の障害者トイレに吸い込まれていった。時間がなかったのか、それとも割り切っているのだろうか。OLの女性は恥ずかしがることもせずに、手早くブラジャーをはずし、便座に座った。男は車いすに座っているので、こうするとちょうど高さがあうのだ。そして、男の性器に添えた手を素早く動かしはじめた。「口で舐めて……」男は頼んだが、それは拒否された。

挿入はしないという約束はあらかじめしていた。それはわかっていながらも、入れたいという気持ちがわいてきた。しかし、「ホテルならまだしも、こんな場所で」と思い、言葉にできなかった。外に出ると、空が青かった。連休明けの街はごったがえしていて、幸せそうに見える人々は皆どこかへ向かって足早に歩いている。男は母親が迎えに来ているのを目の端で捕らえた。彼の名を伊緒葵さんという。ふたりはそこで別れた。トイレに入ってから、たった十五分後のことだった。それからは一度も会っていない。

性のボランティアを受けた伊緒葵さんのこと

性のボランティアを受けた伊緒葵さんは一九六七年生まれの男性だ。生まれつき脳性麻痺であり、手足が不自由で、車いす生活を送る。食事から排泄まで全介護が必要な重度の身体障害者だ。手足や顔が不随意で動き、言語障害も重い。彼の言葉は慣れない人であれば聞き取るのが容易ではない。たとえば、「セックスボランティア」という単語を彼の言葉通りに再現すると、「セェェェェ…ウォォ…ク……スゥゥゥゥゥ、ボォォラアアアアア、ンティンティ…ァアア」という感じだろうか。私も何度も何度も聞き返さなくてはならなかった。葵さんは手足が不自由なため、電子メールは、あごの先端でキーをたたく。これでは数行の文章でも打つためには数十分かかってしまうが、インターネットを始めたことで彼の人生は一転した。

実は、池袋のトイレでしたような体験ははじめてではなかった。一九九七年、パソコン通信の掲示板に、障害者の性の悩み相談に乗っている主婦がいた。山本小百合さん、当時三十六歳だ。あるとき、彼女がマスターべーションの介助を申し出る書き込みをした。それを見て、葵さんはメールを送った。十回ほど性についての相談のメールをやり取りして、ふたりは会うことになった。

なぜ障害者に対して性の介助をしよう

当時、葵さんは実家を離れ、都内の施設の四人部屋に入っていた。そこに小百合さんが、夫と子どもふたりを連れてやってきた。気を遣ってくれているのだろうか、小百合さんの夫は子どもを外に連れ出して遊ばせている。夫は性のボランティアのことは知らず、パソコンを教えるボランティアを小百合さんがしていると思っていた。施設の前にある喫茶店に入り、小百合さんとふたりで話をした。「なぁぜ障害者に対して性のぉ介助をしようと思ったのぉですか」葵さんはそれが一番知りたかった。小百合さんは、「私も体を壊して入院したことがあったんです。そのときに、障害を持った方も性を経験したいはずだということに気がつきました」

遠くから子どもたちの遊ぶ声が聞こえてくる。小百合さんは本気なのか、からかいなのか。葵さんにはまだ判断がつかなかった。葵さんは恋愛をしたことはある。二十四歳のときに恋人ができて、キスや抱擁は経験していた。あるとき、挿入を試みたが、入れたとたんにうまくできずに抜けてしまった。それも一回だけのことだった。その後も性器を愛撫してほしい、セックスしたいという気持ちを恋人には話したが、結局は受け入れてくれることはなかった。女性はわかりにくいと彼は思っていた。

小百合さんからの性の介助を受けた

しかし、小百合さんは本気だった。それから三力月後、葵さんは埼玉県にある小百合さんのマンションの一階にあるゲストルームにいた。住人が集会やサークル活動をするときに使用するスぺースだ。八畳の和室が二間あり、半日七百円で住民に貸している。

葵さんは、施設には外出の理由を「友だちとの昼食」と説明し、タクシーでやって来た。小百合さんは部屋の鍵を閉めた。葵さんがよだれをたらしている姿を見て、小百合さんは少し抵抗感を持ったという。しかし、もう引き返せないとも感じていた。そして、着ていた服をスルリと脱いで黑いショーツ一枚になり、Eカップの豊かな胸をあらわにした。葵さんはすでにズボンの前を大きく膨らませている。葵さんは不自由な顔を左右に必死に振って、がむしゃらに乳首を吸った。小百合さんは全裸になり、葵さんのズボンのファスナーを下ろし、手で射精に導いた。手で触ってから、十秒くらいしか経っていなかった。

ふと目をやると、射精を終えたばかりなのに、性器はすでに力強く起立している。葵さんは「もう一度して」とかすれた声で言った。小百合さんは再び彼の性器に指の短い小さな手を添えた。葵さんは時間の感覚がなくなっていくようだった。その晩、小百合さんにはこんなメールを送った。「今日は貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。やはり疲れましたか?またぜひお願いします」そのときの感想を葵さんはこう語る。「自分が射精するところをぉ初めて見ました。手が不自由だぁったので、マスターべーションをしたことはそれまでになかった。三十年あまり、夢精しか経験したことがなかったのぉです」